私立中学は魅力いっぱい

中学受験を目指すお子様、保護者の皆さんはまず私立中学とはどういう所なのか、その利点を理解しておく必要があります。私立中学の多くが高校までそのまま進学できるという体制を持っています。また大学付属私立中学の場合、一定の成績を保持していれば大学までそのまま進めるというメリットもあります。

公立中学は義務教育なので国の教育方針に沿って学年ごとのカリキュラムが決められており、そのカリキュラムで指導を行わなければなりません。学校ごとの特徴はあるとしても、授業の進み方などがほぼ一定です。でも私立中学では独自のカリキュラムを組み学習する事が可能なので、中学2年生修了時にはほとんどの学校で中学3年生までのカリキュラムを終えているという事がほとんどです。

仮にエスカレーター方式に乗らず、他の高校の受験を考慮した場合でも、すでに中学3年生になった時点で中学の指導内容のカリキュラムを終えていますので、受験勉強に没頭する事ができます。受験に有利という事も私立中学の利点です。

レベルの高い授業を受けるためにはある程度の学力レベルを持っていることが必要となるため、中学受験が実施されますが、その先、高校や大学への進学を考えたとき、お子さんにとってメリットが多い、というのが私立中学の利点です。