中学から高校へ、高校から大学へ

義務教育で小学校からそのまま進学する場合、公立中学校へ進みます。公立中学までは受験せずに進学できるため、多くのお子さんが通常通り進学するのですが、最近は私立中学など中学受験を実施する学校へ行くことを目的に勉強に励むお子さんが多くなっています。

中学までは公立、その後高校受験、さらに大学受験を受けていくという事になるとお子さんは常に受験勉強を行っているような状態です。でも私立中学や国公立の中高一貫教育校に行くことで、高校進学、また付属校であれば大学進学の際も、通常の受験を経験することなく進学できるのですから、中学受験を目指すご家庭が多くなるのも納得です。

中学から高校へ、高校から大学へ行く際には中学3年、高校3年で受験勉強を行う事が必要となるため、公立の指導カリキュラムに沿ってその年代の授業を消化しながら受験勉強をすることになります。でも私立中学や中高一貫教育の場合、先取り教育を行っていることが多いため、余裕をもって学習できるという事もありますし、エスカレーター式を選択すれば受験回数が少なくなるため、中学、高校で指導される内容がしっかり身に付く、という事も中学受験を実施する高校への進学の大きな特徴です。

公立に行くか私立に行くか、それとも国公立系の中高一貫教育校に行くか、これは各ご家庭で考慮されることとなりますが、私立中学や中高一貫教育校の特徴をよく理解し、お子さんにあった道を選択していくことが重要です。