本当に魅力ある学校って?

保護者が考える魅力ある学校とはどういった学校になるでしょう。最近は通常通り義務教育を進め公立中学に進学するという道ではなく、お子さんに勉強の負担を与えても、私立中学など中学受験を実施する学校へ進学させる保護者が非常に多くなっています。つまり、保護者としては公立中学よりも私立中学への関心が高くなっているという事になります。

なぜ私立中学など中学受験を行う学校が人気なのか、また難関校と呼ばれる非常に高いレベルの学力を保持している学校が選ばれているのか、こうしたことをよく考えていけば、魅力ある学校とは何か、見えてくるでしょう。

学力という点で行くとやはり公立中学と私立中学などでは差が出てきます。もちろんその差は、高校や大学でどのように勉強していくかで変わってきますが、一般的に公立中学の学力レベルよりも、私立中学の学力レベルの方が高い状態です。

私立中学では先取り教育を行っているため、例えば公立中学のお子さんと私立中学のお子さんが同じ塾に通っている場合、どうしても私立中学のお子さんの方が、上のクラスに入る事が多くなります。先取り教育ありきで授業を進める塾が多いので、公立中学の授業だけではどうしても塾の学習についていくことができないからです。

学習スピードが速いという事だけが魅力になるという事ではありませんが、受験という事を考慮した時、カリキュラムの進み具合が遅いよりも早い方が、保護者も安心です。塾で落ちこぼれていくという事も少なくなるため、やはり質の高い指導を行う自由度の高い私立中学の方に魅力を感じることが多いのです。