中学受験の入試、出題について

中学受験を志す保護者、お子さんにとってやはり一番知りたいことは中学受験を実施する学校がどのような学力テスト問題を出題するのかという事でしょう。中学受験の出題傾向については、「高度である」これが事実です。超難関中学、御三家と呼ばれている中学については、中学受験でありながら中等教育内容を含んでいるという事もあり、通常の小学校教育では合格できないといわれる所以となっています。

中等教育課程の出題がないとしても、想像力や論理的思考力などを駆使して解くことが必要な難解な問題が出題されることも多く、この場合も、一般的な小学校教育では太刀打ちできないもんだとされることから、進学塾で中学受験に特化した勉強をすることが必須といわれています。

特にどの中学でも重点としている算数、国語においては各学校難解な問題が多く、算数は中等教育で学ぶ方程式を利用すれば解ける問題を、小学校の教育課程で習う解き方で解くことが必要となるため、より難解になっています。国語については長文問題が出題される傾向が強く、読解力、思考力、想像力が必要になる事と、文章を読む事に慣れていることが求められます。

いずれにしても中学受験では一定レベルの学力がある事を見極めるために行われるものなので、どの学校においても難しい問題が出ると考え、進学塾などに通う事を考慮する事が大切です。