進学塾で学ぶということ

多くの中学受験を目指すお子さんたちが、有名進学塾に通っています。中学受験では小学校の教育課程での問題ではなく、中学で勉強するような学習内容のテストを小学校の解き方で解くという非常に難解な問題が出題されるからです。単に学力が高いという事ではなく、その難解な問題を解くためのテクニックが必要となるため、中学受験に特化したノウハウを持った塾へ通う必要があるとされています。

中学受験に特化した進学塾も登場する中、進学塾の指導内容も多様化しています。個別指導システムを設け、苦手科目克服に利用したり、基礎学力を向上させるために利用する等、集団学習型授業に追い付いていけない子にも、細かく配慮した指導を行うところが多くなっています。ダブルスクールになるより費用を抑えることがあるため、今こうした塾は人気が高くなっています。
進学塾でも全国展開している、また中学受験を目指すお子さんへの指導力が強い、経験が深い、合格率が高いという塾では、各私立中学などの受験実施校の情報を仕入れる情報網を持っているため、受験に有利といわれています。お子さんの性格や学力レベルにあった塾などを探すことが第一となりますが、進学塾の情報網は保護者にとって非常に大きな魅力となるため、多くの中学受験を志すご家庭に、進学塾が選ばれています。