苦手科目は個別指導塾で解決する

いくらお子さんの学力が高くても、小学校内で成績が良くても、苦手科目というのは誰にでもあります。万遍なくいい成績を取っているお子さんでも、自分が苦手と思う科目があり、それぞれが苦手科目克服のため、日々勉強を行っています。

苦手科目があっても平均点以上取れるというお子さんは、その苦手科目について基礎学力があるという事になるので、それほど大きな問題になりません。苦手科目について他の科目よりも少し時間を多く自学を取りいれるなどすれば、成績が極端に下がるという事もないでしょう。

問題は、苦手科目が平均点以下で基礎がしっかり身についていない状態のお子さんです。この場合、中学受験時に大きなネックとなるため、集団型指導塾と個別指導塾、また集団型進学塾と家庭教師というように、費用がかかってもダブルスクールを実施し、苦手科目克服をはかるご家庭も多いです。

たった1点が合否の差を分けるといわれている非常に厳しい難関校や御三家と呼ばれる有名私立校に合格を果たすためには、苦手科目が命取りとなる可能性が高いです。基礎をしっかり学び直し、平均点以上取れる学力に持っていくことが、中学受験への対応となります。進学塾に通っているようなら塾の講師と面談を持ち、必要ならダブルスクール、また進学塾内に個別指導があるなら個別指導を利用していきましょう。