中学受験は保護者が考える?

高校受験、大学受験は、お子さんがこの高校、大学に行きたいと自主的に考えそのために出来る努力をするわけですが、自分が志望している高校や大学なので、納得して勉強できます。モチベーションも高く保てますし、合格したいという気持ちがはっきりしているため、勉強もしっかり頑張れるのです。

でも中学受験は違います。ほとんどのお子さんが自分で志望したわけではなく、親に言われて中学受験を志望するという形です。都市圏でクラスの大半が中学受験を経験するという地域では高学年あたりにお友達と進学について話したり、どの学校がいいのか一緒にオープンスクールに行くなど、志望校を自ら設定していくという事もあります。でもそうした地域にいない場合、お友達のほとんどが公立中学にそのまま上がり、自分だけがお友達と離れて私立中学に行く、という事になります。保護者が決めた進路にお子さんが従うという形ですが、小学校高学年ですからその進路に疑問を持ち、勉強する気が起きないお子さんもいるでしょう。

中学受験は保護者が決定する事が多い、だからこそお子さんに中学受験を目指す意義を理解させ納得して勉強させることが難しいのです。お子さんが中学受験に前向きではない場合、オープンスクールで志望する中学の魅力を見せる、体験授業で活気ある魅力的な授業を体験させる、部活動や施設などを見せるなどしてみましょう。言葉だけでは伝わらない魅力を伝える事ができるので、お子さんの気持ちにも変化のきっかけになります。