算数の出来が中学受験を握っている

超難関校や御三家と呼ばれる人気私立中学など算数に力を入れている学校は多いです。算数は非常に難解な問題が出されることがわかっていますが、超難問と呼ばれる記述式問題に加えて、最近はスピードや正確性を重視する計算問題が多数出題されることも多くなっています。

算数の問題は難度がかなり高く、応用問題のみの学校も多いのですが、その中で計算問題が重視されていると考えられる学校が多くなっているのです。問題を読み説く力、どう解いていくか考える想像力や思考力が求められるのはもとより、躓くことなくスピーディに正確な計算ができるという基礎力を見極める問題も出題されることが多くなっているため、特に算数は、志望校の出題傾向をいち早く知る事が求められます。

各学校によって出題傾向が違い、難易度も違いますが、難関校にチャレンジするお子さんは、応用問題にも計算問題にも強くなっておくと有利です。応用問題のみだった中学が翌年、計算問題を多数入れてきたという事もあるので、自学など塾以外の時間で計算スピード、正確性を向上させる勉強をしておきましょう。

計算スピードを上げる勉強では保護者の方が実際に時間を測り、その時間内に正確に計算が解けるかどうかの勉強を繰り返し行うといいでしょう。