お子さんの状態把握していますか?

中学受験では多くのお子さんが進学塾を利用されています。進学塾への入塾テストでいい成績を取りトップクラスには入れれば保護者はもう安心とばかりに、中学受験の指導を塾任せにしてしまう事も多いです。トップクラスの講師は中学受験の専門家で、経験も豊富、実績も高いので、保護者が安心してしまう気持ちもわかりますが、指導は任せてもお子さんの事全てを任せていてはいけません。

進学塾は勉強をしに行くところです。講師が指導しお子さんが自ら切磋琢磨し成績向上を目指します。学校とは違うので講師が勉強をさぼっているお子さんがいても注意する事は少ないですし、成績が落ちて行っても「なにかあったのか?」と気にかけてくれる事も少ないでしょう。人間育成が基本の学校とは違い、塾は学習指導が目的です。個々のお子さんの行動や心の状態まで指導してくれることはありませんから、ここは保護者がフォローしていくべきことです。

小学生という年代でレベルの高い勉強を毎日行う事、競争しながら合格を目指す事、自分で努力しなければならないことなど中学受験時に受けるストレスは、大人が考えるよりもずっと大きなものです。お子さんの変化を読み取るのは保護者の仕事です。生活リズムをよくし、お子さんが心身共に疲労しないように、勉強時間以外は楽しい家族時間、学校生活となるように、リラックスさせてあげる空間づくりも大切です。