家庭教師向く向かない

苦手科目がある場合、個別指導や家庭教師を利用して苦手科目の克服を考えるご家庭は多いでしょう。また苦手科目がある、基礎学力がほかのお子さんよりも落ちると考えられるとき家庭教師を利用するほか、例えば地域に進学塾などがない場合にも利用を考えるといいでしょう。

家庭教師というと中学受験には不向きだといわれています。進学塾など大手塾の利点である、中学受験実施校の入試傾向がつかみやすいという点を、家庭教師では利用できないため、中学受験には不利といわれていました。しかし最近は家庭教師の大手派遣サイトが誕生し、進学塾と劣らないほどの受験情報を持ち、また新しい情報もオンタイムで仕入れているという所も多くなってきたため、中学受験に沿った学習を行う事も可能なのです。

また家庭教師の中には中学受験を経験してきた現役学生も多く、中学受験のための勉強をしっかり行ってきたという大学生なども多いので、経験を元に勉強方法などを細かく指導できるといった点も利点とされています。

地域に進学塾がない場合、進学塾がある地域まで時間をかけて通わなければなりません。その負担はお子さんにとって大きなものです。通いきれない地域もあるのでその場合無理せず、家庭教師を選択された方がいいでしょう。