面接対策もしっかり

中学受験ではお子さんの学力テストが主な指針となりますが、中学受験実施校によっては面接にも重点を置くところが少なくありません。面接ではお子さん単独で行う面接もありますし、お子さんたちをグループに分けて面接を行う事もあります。また、親子の面接、保護者と親子を別々に面接する等、学校によって面接の仕方にも違いがあります。

学校の関係というと多くは母親が出席すると考えるご家庭も多いのですが、中学受験の際の保護者面接はご両親で受ける、またお父様の出席が多くお母様は3割くらいという感じです。ただ両親がいってもいいですし、父母どちらかがいっても構いません。

要はお子さんの教育について詳しい方がいけばいいという意見もあります。ご両親の仕事について聞かれることもありますが、多くはこの中学を志望した理由や、教育方針についてどのように共感されているか、指導内容についてどのような魅力を感じたかといってなどを聞かれることが多いです。そのため、学校説明会などに参加し、教育方針をしっかり確認しておくこと、学習指導方針について理解しておくことなどが求められます。

お子さんについては聞かれた質問にしっかりはっきりと答える事ができると共に、やはり、志望校とした理由や魅力は何か、学校に入ったらどのような事を頑張りたいかなどを具体的な言葉で話すことを求められます。塾では面接の練習なども行っていますので、緊張しやすいお子さんは何度も練習させてもらいましょう。