子供の受験、されど親も必死

中学受験は中学に入るお子さんが公立中学へ行くのではなく、受験で合格する事が必要な中学校に行くために行うものです。中学側は質の高い教育を提供するため、一定レベルにあるお子さんの入学を希望し、その為に試験を行います。中学受験にチャレンジするお子さんは、その質の高い教育を受けるため試験を受けます。

義務教育で黙っていても入学できる公立中学ではなく、わざわざ試験が必要な私立中学にお金をかけても行かせたいと思うのは、公立中学にはない教育がそこにあるからです。子供の受験であることは間違いありませんし、お子さんが試験を受け合格しなければなりませんが、親も必死になるのが中学受験です。

高校受験ではお子さんが志望校を決定し、志望校に受かるために自ら勉強しますが、中学受験は親が志望する学校にお子さんがチャレンジするという事がほとんどのため、親もお子さんのやる気を引き出すのに必死です。そのため、中学受験は子供の受験でありながらも、「保護者の受験」と呼ばれることもあるのです。

お子さんが高校や大学に行く際に、幅広い選択肢が持てるように、小学校の段階で教育の選択ができるのなら、中学受験に挑戦するのも素晴らしい事でしょう。お子さんの未来のために保護者も必死になって、中学受験を乗り越えてほしいものです。